農村RMO推進フォーラム(東海農政局)

フォーラム開催のご案内

 農村RMOの普及啓発及び都道府県、市町村、農村RMOの取り組む関係者、興味をお持ちの一般の方々の知見の向上を図る事を目的に東海農政局と東武トップツアーズの共催で農村RMO推進フォーラムと共に現地視察を開催しより多くの方が互いに学びあう機会を提供します。

コンセプト

 愛知県豊田市で農村RMOの取組を実施している関係者(しきしまの家運営協議会、つくラッセル推進コンソーシアム)から将来ビジョンや各取組の課題と解決策等について発表いただき、有識者等とパネルディスカッションを実施することにより農村RMOの取組の深化を図るとともに、他地域の農村RMO関係者も会場かWEBにより参加することにより、各地域での農村RMOの取組のきっかけづくりや更なる取組の推進に資する。

  • 開催日時:令和5年12月14日(木)
  • 定員:会場参加40名 オンライン参加100名
  • 参加対象:都道府県・市町村職員・福祉・社会教育・地域づくり等関係者、JA職員、土地改良区、社会福祉協議会、公民館関係者、集落協定代表者、その他興味をお持ちの方等
  • 開催方式:対面開催 
    ※フォーラムのみハイブリット開催
  • 開催場所:つくラッセル 体育館(旧築羽小学校)
    愛知県豊田市旭八幡町堂山432-3
    ※ご希望の方には名古屋駅より貸切バスで送迎いたします。

フォーラムプログラム(敬称略)

第1部 農村RMO推進フォーラム ハイブリッド開催
10:30~10:35 開会のご挨拶 東海農政局 地方参事官 勝部 剛
10:35~10:40 農村RMOの概要説明 東海農政局 農村振興部 農村計画課
10:40~11:10 基調講演
「地域の農地を守る新たな選択肢
 -「地域まるっと中間管理方式」とは?-」
魅力ある地域づくり研究所
代表 可知 祐一郎
11:10~12:25 パネルディスカッション
▼ コーディネーター
 椙山女学園大学人間関係学部 教授 谷口 功
▼ アドバイザー
 魅力ある地域づくり研究所 代表 可知 祐一郎
▼ パネリスト
  • しきしまの家運営協議会
    副代表 板倉 小夜子
    事務局長 鈴木 辰吉
  • つくラッセル推進コンソーシアム
    代表 戸田 友介
12:25~12:30 クロージング
12:30~13:30 昼食休憩
第2部 現地視察 リアル開催
13:30~15:00 農村RMOモデル地区視察(バスで移動)
 つくラッセル、しきしまの家、すぎん工房
※視察先は参加状況等によって変わる場合もございますので予めご了承ください。

フォーラムの参加申込みは「会場参加」「オンライン参加」とも下記のリンクよりお願いします。

フォーラム参加受付〆切
12月11日(月)17:00

PDF版のセミナー告知はこちら

登壇者のご紹介

現地視察のご案内

リアル参加のみ40名 ※農村RMO推進フォーラムへのリアル参加が条件です。
※現地視察先(しきしまの家、すぎん工房)へはバスで移動し、終了後、つくラッセルに戻り解散(15:00予定)

お申込みにあたり注意事項

 ※農村RMO推進フォーラムはハイブリッド開催となります。
 ※会場リアル参加の方は各自にて会場にお越しください。
 ※乗用車でお越しの方は駐車場に限りがございますので乗合等ご配慮ください。
 ※体育館での開催となりますので暖かい服装でご参加ください。
 ※ご希望の方はお弁当をご用意しますが各自負担となります。
 ※ご宿泊が必要な場合は各自にて予約・支払をお願いします。
 ※申込みは予約専用サイトからお願いします。

送迎バスのご案内

会場へ無料送迎バスをご用意します。ご希望の方は申込みサイトよりお申込みください。

12月14日(木) 往路 9:00発 名古屋駅太閤口バスバース
10:15着 つくラッセル
12月14日(木) 複路 15:15発 つくラッセル
16:30着 名古屋駅太閤口バスバース

バス乗車場所

当日9:00までにAバース前にご集合ください。
(左記★印)
係員がご誘導いたします。

【共催】東海農政局 東武トップツアーズ

お問い合わせは「農村RMO推進フォーラム事務局」(東武トップツアーズ内)まで